2019年12月28日

第37回「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」を開催します!

 
2月2日(日)、子育ての喜び、不安、悩みを分かち合おう!

「ひとりぼっちで子育てに悩む母親をなくしたい」
「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」は、そんな公立保育園の保育士の呼びかけで1980年にスタートしました。

 赤ちゃんから小学校まで、
 子育てまっただ中!のお母さん、お父さん、

 教育や保育にお仕事で関わっている皆さん、
 不登校や障害と向き会い、共に歩んでいるご家族の方、

 そして、地域の子育てを応援したい!と思っている市民の皆さん、

子育ての悩みや不安、不満、そして喜びを、みんなで話してみませんか?



開催概要

集会は午前の記念講演と、午後の分科会に分かれて実施いたします。

今回の記念講演は、日本福祉大学名誉教授で教育心理学を専門とされる近藤直子さんです。

私たちはみな、子どもの幸せを願っていますが、子どもの幸せってどういうことか。
夫婦で、保護者と保育士・教職員で語り合う機会はあるでしょうか。

子どもを見つめる視点、子どものこころと育ち、そして親の役割に関してお話しします。
みなさんが子どもの幸せを語り合うきっかけになればうれしいです。

申し込み不要。当日のご参加も大歓迎!
午前、午後どちらか⼀⽅の参加も可能です。
東久留米市内はもちろん、周辺地域の皆さまも、ぜひご参加下さい!




【日時】2020年2月2日(日)9:50〜16:00(開場9:40)
 
【内容】

■午前■
9:50〜 オープニング
10:00〜 実行委員長挨拶、参加団体からの報告

10:40〜 記念講演 10︓45 〜12︓15
  講師:近藤直子さん

 「子どものステキをみつける」〜楽しく のんびり みんなで子育て

■昼休み■12:15〜13:30

■午後■13:30〜16:00

 分科会 →詳細はこちら!

  1. 『⼦育て、こんなときどうしてる︖』〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖

  2. 『これでよいのか、今の学校・これからの学校』〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い

  3. 『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って』〜みんなで語り合いましょう

  4. 『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいX』〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう

  5. 『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』〜なぜ?どうして?そうなるの?私たち大人にできること


 *各分科会の詳しい内容はこちらをご覧ください。

【参加費】 500円(資料代)

【場所】東久留米市 生涯学習センター

【保育】「子育て集会」開催時の保育について(無料/事前申込み)



過去の開催報告より
参加者のコメント


 
【問合せ】 第37回子育て集会実行委員会:電話 / 080-6568-3757(草刈)
 
posted by 子育て集会実行委員会 at 23:23| Comment(0) | ■2020年【第37回】集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年【第37回】分科会について

 
子どもたちの世代ごと、テーマごとに考えます

「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」では毎年、テーマごとに集まって参加者が話し合い、交流する「分科会」を実施しています。

眼の前の子どもたちの現実を見つめることから出発して、子どもたちが健やかに育つための課題は何か、大人は何をしていくべきなのか、ご参加くださる一人ひとりが、立場を越えて子育てのつながりを考えていきます。

2020年は、下記の5つの分科会を開きます。ご関心のあるテーマの会に、ぜひご参加ください。
また、今回は楽しいワークショップも開催します!
 
★会場:東久留米市 ⽣涯学習センター:東久留米市中央町2-6-23





【第1分科会】 会場:第1学習室

『⼦育て、こんなときどうしてる︖』
〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖


子育てのこと、子どものこと、保育について何でもみんなで話しませんか?
子育てをしていて「みんなはこんな時どうしているのだろう?」と、聞いてみたいことや、日々の悩み、また午前中の記念講演を聞いて感じたことなど、なんでも大丈夫。
みんなで色々な話をする中に子育てのヒントがあったり、自分だけじゃないとホッとする時間が持てたらと思います。
初めての子育てをしている方、子育てがひと段落した方、孫の子育てのお手伝いをしている方、その他どの様な立場の方でも歓迎です。
皆さんのご参加をお待ちしています。




【第2分科会】 会場:第4学習室

『これでよいのか、今の学校・これからの学校』
〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い


「⼩学校1年⽣から毎⽇5時間授業︕4年⽣からは毎⽇6時間授業︕」
「来年から⼩学校でも夏休みが3⽇減るんだって︕」
「⼦ども達も先⽣達も、もうへとへと︕不登校の⼦も増えてるって…」
「でも親たちだって、仕事が忙しくて、宿題もみるとヘトヘトだよ︕」
こんな状況で、⼦ども達は健やかに育つのでしょうか︖
4月から学校教育のもとになる学習指導要領が本格実施されます。通知表の評価も変わります。
道徳は教科書を使った授業がはじまり、小学校は英語の時間も増えました。皆さん、今度の夏には中学校の教科書採択があります。教育が大きく変えられようとしています。
保護者・教職員・地域のみんなで、今の教育・これからの教育について話し合いましょう︕
⼦ども達と⼀緒に頑張っている教室の様⼦もお知らせします。(実践、実態、悩みなど)




【第3分科会】 会場:第5学習室

『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って』
〜みんなで語り合いましょう


子どもが学校に行かなくなった時、親はどんな思いで過ごすのでしょうか。
子どもは家にいて、何を思って毎日過ごしているのでしょうか。
この分科会の前半では、不登校を経験した子どもの親や先生から、体験を通じた思いを語ってもらいます。
後半は参加者みんなで、さらに語り合う時間を持ちます。
親も子もひとりで悩む事がないように、地域でつながるきっかけになる分科会にしたいと考えています。
どんな立場の方でも参加してください 。お待ちしています。




【第4分科会】 会場:第2学習室

『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいX』
〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう


障がい児・者が、地域の中で、心豊かに自分らしく生活するために、現在どのような課題があるのでしょうか。
障がい児・者の施策が整備されていく中で、「これで本当に、障がいのある人が楽しく、豊かな生活を送れるのだろうか?」と思うことも少なくありません。
一昨年、昨年に引き続き、この分科会では、ライフステージごと(乳幼児期・学齢期・成人期)に、とりくみや課題などを報告し合い、地域全体で障がい児・者をとりまく状況について語り合いたいと思います。
世代を超えて、自由に語り合う場です。
テーマは堅苦しいですが、皆さん、お気軽にご参加下さい。お待ちしています。




【第5分科会】 会場:和室

『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』
〜なぜ?どうして?そうなるの?私たち大人にできること


「多様性」という言葉が様々な場所・場面で聞こえてくるようになりました。
発達障害などさまざまな場面で多様なニーズを持つ子どもたちへの眼差しは変わってきたのでしょうか?
保護者の言葉にならない不安、周囲から共感されにくい子育てを行う孤独感は緩和されてきたのでしょうか?
この会では、理解されにくい・伝えにくい発達障害などを持つ子どもたちから出される「ことば」「行動」「姿」をみんなで、どの様に幸せにつなげていくかを考えていきたいと思います。
どの様な立場の方も、聞くだけのご参加も大歓迎です!

■進⾏︓発達⽀援サークルで・こぼ代表




【ワークショップ】いっしょにあそぼう!だがしやさん

『駄菓子屋さんごっこ』&『折り紙劇場』

駄菓子屋さんになりたい人!
みんな集まれ、駄菓子屋さんごっこ!

折って遊ぶだけじゃもったいない。
折り紙師範の北島愛子さんと一緒に、折り紙で劇を作ろう!

< 時間 >
 13:30 - 折り紙劇場
 14:30 - 駄菓子屋さんの準備
 15:00 - 駄菓子屋さん開店!
(時間は前後する可能性があります)

■会場:参加お申し込み時にご案内いたします。
posted by 子育て集会実行委員会 at 21:55| ■2020年【第37回】集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第36回「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」を開催しました

 
2月3日(日)開催!

開催概要

今回の記念講演は、元帝京⼤学教授の清⽔玲⼦さん。 
「何で⾔うことを聞いてくれないのだろう・・・」「私がもっとしっかりしなくては・・・」など、思い通りにいかない⼦育てに悩んでいませんか︖
全国各地のたくさんのお⺟さんたち、保育者たちの悩みや思いに寄り添い、“⼈と⼈とがつながる⼦育て”を⼤切にされてきた清⽔さんに、ご⾃⾝の⼦育ての話し、いま伝えたいことなどを講演いただきました。



【日時】2019年2月3日(日)9:50〜16:00
【内容】
・オープニング
・実行委員長挨拶、各参加団体によるリレートーク
・記念講演 講師:清⽔玲⼦さん
 「⼦育てがんばりすぎていませんか︖」〜⼦育ては⼼をかよわせて

分科会

  1. 『⼦育て、こんなときどうしてる︖』〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖

  2. 『これでよいのか、今の学校・これからの学校』〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い

  3. 『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って⽣きる』〜みんなで安⼼して語り合いましょう

  4. 『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいW』〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう

  5. 『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』〜発達⽀援の現場から聞こえてくる声



【場所】東京都 東久留米市 生涯学習センター



過去の開催報告より
参加者のコメント
posted by 子育て集会実行委員会 at 21:48| Comment(0) | ・過去の開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする