2019年12月28日

第37回「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」を開催します!

 
2月2日(日)、子育ての喜び、不安、悩みを分かち合おう!

「ひとりぼっちで子育てに悩む母親をなくしたい」
「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」は、そんな公立保育園の保育士の呼びかけで1980年にスタートしました。

 赤ちゃんから小学校まで、
 子育てまっただ中!のお母さん、お父さん、

 教育や保育にお仕事で関わっている皆さん、
 不登校や障害と向き会い、共に歩んでいるご家族の方、

 そして、地域の子育てを応援したい!と思っている市民の皆さん、

子育ての悩みや不安、不満、そして喜びを、みんなで話してみませんか?



開催概要

集会は午前の記念講演と、午後の分科会に分かれて実施いたします。

今回の記念講演は、日本福祉大学名誉教授で教育心理学を専門とされる近藤直子さんです。

私たちはみな、子どもの幸せを願っていますが、子どもの幸せってどういうことか。
夫婦で、保護者と保育士・教職員で語り合う機会はあるでしょうか。

子どもを見つめる視点、子どものこころと育ち、そして親の役割に関してお話しします。
みなさんが子どもの幸せを語り合うきっかけになればうれしいです。

申し込み不要。当日のご参加も大歓迎!
午前、午後どちらか⼀⽅の参加も可能です。
東久留米市内はもちろん、周辺地域の皆さまも、ぜひご参加下さい!




【日時】2020年2月2日(日)9:50〜16:00(開場9:40)
 
【内容】

■午前■
9:50〜 オープニング
10:00〜 実行委員長挨拶、参加団体からの報告

10:40〜 記念講演 10︓45 〜12︓15
  講師:近藤直子さん

 「子どものステキをみつける」〜楽しく のんびり みんなで子育て

■昼休み■12:15〜13:30

■午後■13:30〜16:00

 分科会 →詳細はこちら!

  1. 『⼦育て、こんなときどうしてる︖』〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖

  2. 『これでよいのか、今の学校・これからの学校』〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い

  3. 『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って』〜みんなで語り合いましょう

  4. 『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいX』〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう

  5. 『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』〜なぜ?どうして?そうなるの?私たち大人にできること


 *各分科会の詳しい内容はこちらをご覧ください。

【参加費】 500円(資料代)

【場所】東久留米市 生涯学習センター

【保育】「子育て集会」開催時の保育について(無料/事前申込み)



過去の開催報告より
参加者のコメント


 
【問合せ】 第37回子育て集会実行委員会:電話 / 080-6568-3757(草刈)
 
posted by 子育て集会実行委員会 at 23:23| Comment(0) | ■2020年【第37回】集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年【第37回】分科会について

 
子どもたちの世代ごと、テーマごとに考えます

「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」では毎年、テーマごとに集まって参加者が話し合い、交流する「分科会」を実施しています。

眼の前の子どもたちの現実を見つめることから出発して、子どもたちが健やかに育つための課題は何か、大人は何をしていくべきなのか、ご参加くださる一人ひとりが、立場を越えて子育てのつながりを考えていきます。

2020年は、下記の5つの分科会を開きます。ご関心のあるテーマの会に、ぜひご参加ください。
また、今回は楽しいワークショップも開催します!
 
★会場:東久留米市 ⽣涯学習センター:東久留米市中央町2-6-23





【第1分科会】 会場:第1学習室

『⼦育て、こんなときどうしてる︖』
〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖


子育てのこと、子どものこと、保育について何でもみんなで話しませんか?
子育てをしていて「みんなはこんな時どうしているのだろう?」と、聞いてみたいことや、日々の悩み、また午前中の記念講演を聞いて感じたことなど、なんでも大丈夫。
みんなで色々な話をする中に子育てのヒントがあったり、自分だけじゃないとホッとする時間が持てたらと思います。
初めての子育てをしている方、子育てがひと段落した方、孫の子育てのお手伝いをしている方、その他どの様な立場の方でも歓迎です。
皆さんのご参加をお待ちしています。




【第2分科会】 会場:第4学習室

『これでよいのか、今の学校・これからの学校』
〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い


「⼩学校1年⽣から毎⽇5時間授業︕4年⽣からは毎⽇6時間授業︕」
「来年から⼩学校でも夏休みが3⽇減るんだって︕」
「⼦ども達も先⽣達も、もうへとへと︕不登校の⼦も増えてるって…」
「でも親たちだって、仕事が忙しくて、宿題もみるとヘトヘトだよ︕」
こんな状況で、⼦ども達は健やかに育つのでしょうか︖
4月から学校教育のもとになる学習指導要領が本格実施されます。通知表の評価も変わります。
道徳は教科書を使った授業がはじまり、小学校は英語の時間も増えました。皆さん、今度の夏には中学校の教科書採択があります。教育が大きく変えられようとしています。
保護者・教職員・地域のみんなで、今の教育・これからの教育について話し合いましょう︕
⼦ども達と⼀緒に頑張っている教室の様⼦もお知らせします。(実践、実態、悩みなど)




【第3分科会】 会場:第5学習室

『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って』
〜みんなで語り合いましょう


子どもが学校に行かなくなった時、親はどんな思いで過ごすのでしょうか。
子どもは家にいて、何を思って毎日過ごしているのでしょうか。
この分科会の前半では、不登校を経験した子どもの親や先生から、体験を通じた思いを語ってもらいます。
後半は参加者みんなで、さらに語り合う時間を持ちます。
親も子もひとりで悩む事がないように、地域でつながるきっかけになる分科会にしたいと考えています。
どんな立場の方でも参加してください 。お待ちしています。




【第4分科会】 会場:第2学習室

『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいX』
〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう


障がい児・者が、地域の中で、心豊かに自分らしく生活するために、現在どのような課題があるのでしょうか。
障がい児・者の施策が整備されていく中で、「これで本当に、障がいのある人が楽しく、豊かな生活を送れるのだろうか?」と思うことも少なくありません。
一昨年、昨年に引き続き、この分科会では、ライフステージごと(乳幼児期・学齢期・成人期)に、とりくみや課題などを報告し合い、地域全体で障がい児・者をとりまく状況について語り合いたいと思います。
世代を超えて、自由に語り合う場です。
テーマは堅苦しいですが、皆さん、お気軽にご参加下さい。お待ちしています。




【第5分科会】 会場:和室

『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』
〜なぜ?どうして?そうなるの?私たち大人にできること


「多様性」という言葉が様々な場所・場面で聞こえてくるようになりました。
発達障害などさまざまな場面で多様なニーズを持つ子どもたちへの眼差しは変わってきたのでしょうか?
保護者の言葉にならない不安、周囲から共感されにくい子育てを行う孤独感は緩和されてきたのでしょうか?
この会では、理解されにくい・伝えにくい発達障害などを持つ子どもたちから出される「ことば」「行動」「姿」をみんなで、どの様に幸せにつなげていくかを考えていきたいと思います。
どの様な立場の方も、聞くだけのご参加も大歓迎です!

■進⾏︓発達⽀援サークルで・こぼ代表




【ワークショップ】いっしょにあそぼう!だがしやさん

『駄菓子屋さんごっこ』&『折り紙劇場』

駄菓子屋さんになりたい人!
みんな集まれ、駄菓子屋さんごっこ!

折って遊ぶだけじゃもったいない。
折り紙師範の北島愛子さんと一緒に、折り紙で劇を作ろう!

< 時間 >
 13:30 - 折り紙劇場
 14:30 - 駄菓子屋さんの準備
 15:00 - 駄菓子屋さん開店!
(時間は前後する可能性があります)

■会場:参加お申し込み時にご案内いたします。
posted by 子育て集会実行委員会 at 21:55| ■2020年【第37回】集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第36回「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」を開催しました

 
2月3日(日)開催!

開催概要

今回の記念講演は、元帝京⼤学教授の清⽔玲⼦さん。 
「何で⾔うことを聞いてくれないのだろう・・・」「私がもっとしっかりしなくては・・・」など、思い通りにいかない⼦育てに悩んでいませんか︖
全国各地のたくさんのお⺟さんたち、保育者たちの悩みや思いに寄り添い、“⼈と⼈とがつながる⼦育て”を⼤切にされてきた清⽔さんに、ご⾃⾝の⼦育ての話し、いま伝えたいことなどを講演いただきました。



【日時】2019年2月3日(日)9:50〜16:00
【内容】
・オープニング
・実行委員長挨拶、各参加団体によるリレートーク
・記念講演 講師:清⽔玲⼦さん
 「⼦育てがんばりすぎていませんか︖」〜⼦育ては⼼をかよわせて

分科会

  1. 『⼦育て、こんなときどうしてる︖』〜あんなこと、こんなこと・おしゃべりしませんか︖

  2. 『これでよいのか、今の学校・これからの学校』〜⼦どもたちの願い・保護者の願い・先⽣たちの願い

  3. 『登校拒否・不登校の⼦どもと寄り添って⽣きる』〜みんなで安⼼して語り合いましょう

  4. 『障がいがあっても安⼼して地域で暮らしたいW』〜地域の⼒、地域の課題を世代を超えて語ろう

  5. 『苦⼿やこだわりを強くもつ⼦どもたちへのまなざし』〜発達⽀援の現場から聞こえてくる声



【場所】東京都 東久留米市 生涯学習センター



過去の開催報告より
参加者のコメント
posted by 子育て集会実行委員会 at 21:48| Comment(0) | ・過去の開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年【第37回】会場のご案内


東久留米市 生涯学習センター 東久留米市中央町2-6-23

*記念公演はホール、分科会の会場は各学習室となります。分科会について詳しくはこちらの紹介ページをご覧ください。

■地図


〒203-0054 東久留米市中央町2-6-23
【TEL】042-473-7811
【公式サイト】https://www.higashikurume-lll.jp/

■アクセス

▼徒歩
東久留米駅西口から徒歩15分

▼バス
<西武池袋線東久留米駅西口下車>
 ○西武バス・錦城高校経由武蔵小金井行きで、「中央図書館」下車、徒歩1分
 ○西武バス・前沢宿経由武蔵小金井行きか、滝山営業所行きで「中央図書館入口」下車、徒歩5分
<西武新宿線花小金井駅・JR武蔵小金井駅下車>
 ○西武バス・錦城高校経由東久留米駅行きで、「中央図書館」下車、徒歩1分
 ○西武バス・前沢宿経由東久留米駅行きで、「中央図書館入口」下車、徒歩6分

▼車
駐車台数は約60台です。駐車スペースは限られていますので、出来る限り公共の交通機関をご利用ください。


■保育の場所
 保育の申し込み時にご案内いたします、詳しくはこちらをご覧ください。
「子育て集会」開催時の保育について
posted by 子育て集会実行委員会 at 21:08| ・場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子育て集会」開催時の保育について


皆さんに安心して参加いただけるように

「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」では、
小さなお子さんのいるお母さん、お父さんたちにも、安心してご参加いただけるよう、開催時間中の保育を行なっています(未就学児・小学生対象)。ぜひご利用ください。

★障がい児保育もあります!



■費用: 無料
■時間: 集会が始まる前(10時少し前)〜集会が終わるまで(16時頃)
     お昼休み(12時15分〜13時30分)は保護者の方と一緒に過ごしていただきます。
■備考: お食事はありません
■場所: 子育て集会会場の周辺です。詳しくはお申し込み時にご案内いたします。


▼お申込みはこちら

下記の項目についてご連絡ください。
★障がい児保育をご希望の方は、その旨もご連絡ください。

  • お子さまのお名前(ふりがな)

  • 保護者のお名前

  • お子さまの年齢

  • アレルギーの有無(卵など)

  • ご連絡先(お電話番号)


【申込先】
ご希望の方はファックス、もしくはショートメールでお申し込み下さい。(担当:草刈)

  • FAX:042-472-3757

  • TEL: 080-6568-3757

posted by 子育て集会実行委員会 at 19:55| ・保育あります! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集会の道のり

「東久留米 保育・教育・子育てを考える集会」は、東京都、東久留米市に住む有志の市民が1980年から開催してきました。途中、4年間の中断はありましたが、2019年2月3日の集会で、36回目の開催となります。





第36回 2019年2月3日
記念講演「⼦育てがんばりすぎていませんか︖」〜⼦育ては⼼をかよわせて
講師:清⽔玲⼦さん(元帝京⼤学教授)

第35回 2018年1月28日
記念講演「人とのかかわりの中で育つわたしたち」〜こどもへのまなざしを深める
講師:岩川直樹さん(埼玉大学教育部教授)
 
第34回 2017年2月5日
記念講演「子どもたちの居場所」が紡いできたまなざし〜どの子にも安心の場を」
講師:西野博之さん(川崎市子ども夢パーク所長NPO法人フリースペースたまりば理事長)

第33回 2016年2月7日
記念講演「子どもたちの居場所」が紡いできたまなざし〜どの子にも安心の場を」
講師:西野博之さん(川崎市子ども夢パーク所長NPO法人フリースペースたまりば理事長)

第32回 2015年2月1日
記念講演「子どもから学んだこと 〜くらし・遊び・人との関わりから」
講師:嶋さな江さん(>元東久留米市立保育園園長)

第31回 2014年2月2日
記念講演「〈あそびの力を信じて〉ゆるやかなあそびと学びの場の創造」
講師:大宮勇雄さん(福島大教授)

第30回 2013年2月3日
記念講演「子どもの心がみえるとき ―幼児期の教育とは?」
講師:北島尚志さん
(NPO法人あそび環境museumアフタフ・バーバン理事長、大妻女子大学児童学科非常勤講師、立教女学院短期大学非常勤講師)

第29回 2012年2月5日
記念講演「思春期をみすえた子育て」
講師:広木克行さん(大阪千代田短期大学学長)

第28回 2011年2月6日
記念講演「<生きづらさの時代>の子育て」
講師:中西新太郎さん(横浜市立大学)

第27回 2010年2月7日
記念講演「子育てはいつもスタート」
講師:池添素さん(京都・らく相談室)

第26回 2009年2月1日
記念講演「子育て大変ですか?電話相談の現場から」
講師:安藤倭雅子さん(NPOチャイルドライン支援センター)

第25回 2008年2月3日
記念講演「子育てをささえる地域のつながり−非行・不登校の子らと向き合って」
講師:春野すみれさん(非行と向き合う親たちの会事務局長)

第24回 2007年2月3日
記念講演「子どもに学ぶ子育て・保育・教育」
講師:茂木俊彦さん(桜美林大学)

第23回 2006年2月3日
記念講演「地球に平和を 子どもに自己肯定感を」
講師:高垣忠一郎さん(立命館大学)

第22回 2005年1月30日
記念講演「子どもの声に耳をすます」
講師:田中孝彦さん(都留文科大学)

第21回 2004年2月3日
記念講演「子どもと正面から向き合って」
講師:大和久勝さん(練馬区中村西小学校)

第20回 2003年2月3日
記念講演「子どもたちの心の叫びをどう聞き取るか」
講師:能重真作さん(非行と向き合う親の会代表)

第19回 2002年2月3日
記念講演「子育てはあたたかく、やわらかく、ゆったりと」
講師:増山均さん(早稲田大学)

第18回 2001年2月7日
講師:淺川道夫さん

第17回 2000年2月6日
記念講演「どの子にも笑顔と確かな力を〜教育改革は小さな学校作りから」
講師:三輪定宣さん(千葉大学)

第16回 1999年2月7日/9月20日
記念講演「子どものからだとこころに平和を」
講師:竹内常一さん(國學院大學)
講師:吉田足日さん(児童文学者)

第15回 1998年2月15日
記念講演「いのちからの問いかけにこたえて」
講師:大田尭さん(東京大学)

第14回 1997年2月2日
記念講演「遊び 子どもがかけがえのない自分にであうとき」
講師:川崎道夫さん(三重大学)

第13回 1996年2月4日
記念講演「学ぶ喜びと生きるということ」
講師:松崎運之助さん(夜間高校教師)

第12回 1995年2月5日
記念講演「今、子どもとどう向かい合っていくのか」
講師:汐見稔幸さん(東京大学)

第11回 1994年2月27日
記念講演「子どもの瞳が輝くとき」
講師:松本美津枝さん(小学校教師)
特別分科会「矛盾だらけの学習指導要領」
講師:児玉洋介さん

第10回 1993年3月7日
記念講演「いま、子育てで大切にしたいこと」
講師:田中孝彦さん(東京経済大学)

第9回 1992年2月16日
記念講演「子どもがみえていますか」
講師:宮川ひろさん(児童文学者)

第8回 1991年2月18日
記念講演「すべての子どもたちがのびやかに生きるために」
講師:茂木俊彦さん(東京都立大学)

第7回 1990年2月18日
記念講演「ありったけの心をこめて子どもを育てる」
講師:深谷しょう作さん(教育研究所)

第6回 1989年2月19日
記念講演「豊かな国の貧しい子育て」
講師:斎藤茂男さん(評論家)

第5回 1988年1月31日
記念講演「明日に向かって子どもたちは今」
講師:金子真さん(朝霞小学校)

第4回 1984年11月25日
記念講演講師:三上満さん(国民教育研究所所長)

第3回 1983年6月5日
記念講演「子どもの成長とおとなのかかわり」
講師:国井博さん(和光小学校)

第2回 1982年1月31日
記念講演「子育ての基礎学力」
講師:板谷紀之さん(映画監督)

第1回 1980年11月10日
講師:中田照子さん(愛知女子短期大学)
posted by 子育て集会実行委員会 at 14:41| Comment(0) | ■「子育て集会」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする